体が疲れやすいと感じる人の90%に共通する原因とは?

160416

「最近体が疲れやすい」

と感じていませんか?

 

昔のように(子供の頃のように)

どんだけ遊んで走り回っても

一晩寝れば疲れが吹っ飛んでいる

 

こんな体、憧れますよね。

 

  • 少し動いただけで疲れてしまう
  • 過度な運動をしたわけでもないのに疲れてしまう
  • 日常生活を普通に送っているだけなのに疲れてしまう

 

現実はこんな状態だと思います。

 

でも、今からでも遅くないんです。

疲労の真の原因を知って、適切に行動すれば、今からでも昔のような元気な体を取り戻すことができます。

 

実は、体が疲れやすいと感じる人の90%に共通する原因があります。

 

多くの疲労に悩む人の共通事項をしっかり潰しておけば、あなたの疲労は劇的に改善していきます。

ちょっと無理をしても、一晩寝れば元気

昔のような疲れにくい体があれば、人生は”確実に”好転していきます。

 

疲れやすいの「疲れ」の原因とは

そもそも「疲れ」の原因って何なんでしょうか。

 

その1つに、

老廃物が体に溜まってしまう

という原因があります。

 

老廃物が体に溜まる原因は、

血流の流れが悪い

ということがあります。

 

子供が一晩寝るだけで全回復するのは、体育の授業があったり、外でも家の中でも走り回っているから。

血流の流れがすこぶる良いので、老廃物が全然体に溜まらないんです。

 

 

血流の流れを良くすれば、老廃物が溜まらなくて疲れにくくなる

ということです。

 

 

疲れやすくなった人の90%に共通する原因

「最近疲れやすくなった」

という人を対象に行ったアンケートがあります。

 

このアンケートの結果で90%の人に共通した特徴があります。

 

それは、

1年以内に3kg以上太った

 

3kgぐらい簡単に増えそうですが・・・。

この体重の増加と、「血流」に深い関係があるのです。

 

 

体重が3kg増えて体が疲れやすくなった人

3kg体重が増えて疲れやすくなった人の原因は、

「体脂肪の増加による血流の悪化」

です。

 

筋トレで筋肉量が増加して体重が増えた場合は問題ありません。

前よりも疲れにくい体を手に入れているはずです。

 

それ以外のほとんどの人が当てはまりますが、食事の摂り過ぎや不規則な生活習慣で、体脂肪だけが増加してしまった場合。

これがやばいんです。

かなり疲れやすい体になっています。

 

 

運動不足と中性脂肪で血液ドロドロ

体脂肪が増えたということは、

  • 運動不足
  • 食べ過ぎ

がパターンです。

 

まず、運動不足だと、体の毛細血管が細くなってしまい、徐々に体の血流が悪化していきます。

そうすると、体中に老廃物が残ったままになりますよね。

 

さらに、運動不足だと、有酸素運動時に体から生じる

「成長ホルモン」

の分泌が弱まります。

成長ホルモンは体中の毛細血管を伝わって、体全体を活性してくれます。

 

運動不足だと、老廃物は溜まるし、成長ホルモンの活性効果は弱まるし、ダブルパンチ状態。

 

トドメは、食べ過ぎによる中性脂肪の増加。

これにより、血液はドロドロになり、運動不足で血流悪化しているのに、更に激悪状態に。

 

老廃物、溜まりまくってそうです・・・。

 

 

 

体脂肪を減らすには有酸素運動だが・・・

体脂肪を減らすには、有酸素運動が有効であることは誰でも知ってます。

 

でも、

「そう簡単に歩いたり走ったりできないよ!!!」

と声を大にして言いたい!

 

確かに、有酸素運動した方が、毛細血管は広がるし、成長ホルモンは出るしでいいコトばかりなんですけどね。

呼吸が深くなって酸素を多く吸って、血流の酸素不足を補ったり。

心拍数も上がって、心臓のポンプ強化で、一気に老廃物を肝臓まで運んでくれますし。

(肝臓は体の解毒工場です)

体を落ち着かせるために、副交感神経が活発になって、疲労原因物質が生まれにくくなったり。

 

でも、

頭ではわかってるんですけどね。

家帰ってから走ったりするの、クソめんどくさい。

たらふく食って寝たい。

 

 

 

 

どうせ食べるなら疲労回復効果のある食事を

ということで、周知の事実ですが、

  • 食事制限
  • 運動
  • 体脂肪減

という「適切な行動」をして、疲れにくい体をゲットできる人はごくわずかです。

 

特に、食事制限が無理な人が多いですよね。

であれば、

 

血流は諦める!

 

そして、どうせ食べるなら、

「疲労回復効果のある食事」

を食べる。

 

体から発生するエネルギーを増やすことで、疲労に対抗するのはどうでしょうか?

 

毎日の食生活に、疲労回復効果のある食事を意識的に取り入れることで、疲れにくい体を作ることもできます。

 

ビタミンBを意識的に摂取

ビタミンBは、食事などにより摂取した栄養素を、エネルギーに変換する際に必要となります。

非常に大事な役割を持ってます。

適切な栄養素を摂取したのに、ビタミンBが不足していると、エネルギーに変換されない。

ビタミンBが不足していると、明らかに疲れやすくなります。

 

 

ビタミンBを豊富に含む食べものは、

 

  • 玄米
  • 豚肉
  • 納豆
  • バナナ
  • ナッツ
  • 大豆
  • ブルーベリー

 

などです。

 

運動が無理であれば、これらの食材を意識的に摂取する。

エネルギー不足を防ぎ、疲れにくい体を手に入れましょう。

 

 

それすらもできない私ですが

食べ過ぎと運動不足で脂肪だらけの悲しい体。

しかも、料理は全くできないので、100%外食の毎日。

上で紹介した食材なんて、意識して食べないです。

 

これじゃ、さぞ疲れているのでは?

と思われたかもしれません。

 

 

実は疲れがたまらない

実は私は今、全然疲れが溜まらないんです。

毎日、午前3時に寝て、7時過ぎに起きる4時間睡眠生活をしていても、すこぶる元気。

 

確かに数年前までは、毎日7時間以上寝ないと、夕方には活動停止状態でした。

 

ですが・・・

全てのめんどくさいことをショートカットして、ビタミンBの摂取だけに集中したら、今の疲れにくい体を手に入れることができたのです。

 

当時も、どうにかして疲れを取りたいと思っていました。

どうやらブルーベリーがビタミンBが多くて良いというウワサを聞いたので、一時期ブルーベリーばっかり食べてました。

ついでに眼にもいいらしいし。

 

なんですが、あろうことか、

「ブルーベリー買いに行くの、めんどくさい!」

という思考になってしまったのです・・・。

(我ながらヒドい)

 

こうなってしまったので、次は、

「ブルーベリーサプリだ!」

ということで色々と研究したのですが、ここで運命の出会いがありまして。

 

それは、

 

【鮑の光プレミアム】

 

いきなり元気印のメジャーリーガーが登場してビックリしますが、ブルーベリーから何故かアワビにたどり着いたのです(笑)

 

でも、このうさんくさいサプリのおかげで、私は全てをショートカットして、疲れにくい体を手にしていました。

 

うさんくさいんですけど、

「これはイケるかも・・・」

と思った理由が3つあります。

 

1.私の疲労はパソコン(眼)からもきている

眼の疲れでお悩みの方に、全力アピールしているこのサプリ。

私は毎日14時間ぐらいパソコンに向き合っているので、血流の問題ももちろんですが、眼からくる疲労というのも結構ヒドいと思っていました。

ですので、眼の疲れを癒やしてくれるのは、私には効果抜群なんじゃないかと思ったのです。

実際、ブルーベリーの24倍のビタミンB12が含まれているそうで。

 

2.アワビは肝臓を元気にするらしい

肝臓が人の体の解毒工場であることは知っていました。

なので、このサプリで肝臓が強化できるのであれば、自然と老廃物の解毒ができるようになる。

すなわち、老廃物が溜まらなくなって疲れにくい体になるんじゃないかと思ったのです。

 

3.夢を追いかける元気男が推薦

個人的にこの選手が好きということもありますが、野球選手だけではなく、アスリートの体調管理は凄まじいものがありますよね。

ダルビッシュ投手なんて、

sapli001

 

夕食後だけでこれですよ(笑)

 

そんな過酷な世界で生き抜いている人が、アメリカ行ってから飲み続けているというのが、私には信頼に値したんですね。

 

 

そんなこんなで、【鮑の光プレミアム】と出会った私は、それまでの疲労がウソのように、

子供の頃のように(ドラクエの宿屋のように)一晩寝たら全快

という、信じられない体に生まれ変わりました。

 

ただ、1ヶ月分で3,980円と結構高めなので、

  • 超の付くほどのめんどくさがり
  • すぐにでもサプリに頼りたい
  • 明日死ぬかもしれないほど疲れている

といった状況でなければ、その辺の500円くらいのサプリで始めてみても良いかもしれません。

 

(この元気を1日130円ちょいで買えると思ったら、正直くっそ安いです)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る