誰もがオススメしている疲労回復方法なのに全然疲労回復できない超簡単な理由

aloiswohlfahrt / Pixabay

様々な疲労回復方法に関する情報があふれている現代社会。

なのに日本人の半数以上の人は慢性的な疲労を感じているという現実があります。

この矛盾の理由は超簡単です。

 

あなたが実践した疲労回復方法が、あなたの疲労の本当の原因を取り除くことにつながっていないからです。

 

 

具体的例

あなたの疲労の原因が「栄養不足」であったとします。

栄養といっても様々なものがあります。

よく耳にする栄養といえば、

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • 鉄分

などがあります。

こういった栄養素が不足していることが原因で疲労を感じている。

 

なのに、その原因がわからない人は、3000円のもみほぐしマッサージ屋に行ってしまいます。

 

マッサージ屋で何時間揉みほぐしてもらっても、ビタミンB 、ビタミンC 、鉄分などが補充されるわけないですよね。

 

 

 

だから日本人は疲れている

文章で書くと滑稽に見えます。

ですが、こういうことをしている人が実はかなり多いです。

だから5000万人の日本人が疲れを感じて、疲労回復というキーワードでググり続けているのです。

 

他にも、疲労の原因が「暴飲暴食」で胃腸に負担がかかっていることなのに、胃腸の調子が悪いから胃薬を飲んで、「暴飲暴食」を続けてしまう。

こんなことも往々にして起こっています。

これだったら、まず最初は食べる量と飲む量を減らすべきですよね。

薬は体が慣れてしまうと徐々に効かなくなってくるものです。

いずれ胃腸を壊して、当初よりもさらに疲労を感じるようになってしまうかもしれません。

 

 

 

原因がわかったら、それに合った対策をとる

これは当たり前のことです。

多分ですけど、仕事であったら大した努力をすることもなく、自然と出来るようなことです。

でも何故か人間は(大人は)、仕事以外のことになると、途端に当たり前のことができなくなります。

仕事では打ち合わせの時間の5分前に会議室に入るのに、デートになると余裕で30分遅刻してしまう人は多いです。

 

極端ではなく、これと一緒の事が疲労回復方法の分野でも起きています。

 

 

 

疲労の原因を追求するのが重要

ここまでしつこく言ってきたので、疲労の原因を追究し、その原因にあった広岡いく方法を取ることの重要性がわかっていただけたと思います。

これを知っただけでも、かなり大きな進歩です。

 

5000万人以上の日本人が慢性疲労を抱えているということは、5000万人の日本人はこの事実を知らないということです。

 

私もそうでしたが、多くの人はマッサージや運動サプリメントなど、どんな方法でも自分の疲労が回復するものと信じて疑いません。

でも、これは間違いであるということを、あなたはもうわかっています。

 

この違いは相当大きいです。

 

疲労が発生する原因に着目して、それを潰していくために、疲労回復方法を実践するのが正しい順番です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る