体が疲れやすい人が知らないうちに食べている食品とは

 

 

「いくら寝ても、いくらマッサージしても、体が疲れやすい」

「最近急激に体が疲れやすくなった、もう若くないのか・・・」

と、体の疲れやすさが悩みとなっている現代人は多いです。

 

日本人の半分が抱えている慢性疲労。

慢性疲労だったり体が疲れやすい、実は思いがけない原因で疲れに悩んでいることがあります。

 

自分の食べているモノが、疲れを発生っせているとしたらどう思いますか?

 

 

体が疲労原因物質を取れば私たちは疲労する

 

私たち人間は毎日様々な物を摂取しています。

  • 米肉
  • 野菜
  • 牛乳
  • お酒
  • ジュース
  • 調味料

これらのものを食べて飲んで、栄養を摂取しています。

そして、これらの栄養を体内で消化吸収して、日々の活動のエネルギーに変換しています。

 

これら日々摂取しているものは、実はエネルギーを生み出すのに役立つものばかりではありません。

物を食べたり飲んだりすれば必ずエネルギーになると思いがちです。

ですが、エネルギーを全く発生しない食べものも存在するのです。

 

それどころか、エネルギーの吸収を妨げてしまうのもたくさんあります。

最悪なのは、エネルギーをとっていると思っていながら、エネルギーを無駄に消費しているだけ物質です。

 

私たちが毎日飲み食いしている物の中には、私たちの疲労の原因につながってしまうものもある、ということです。

 

 

まず一番最初に思いつく:お酒

お酒は百葉の長と呼ばれています。

「うまく付き合って適量を飲んでいれば健康に良い」

と考えている人も多いです。

 

まして、疲労の原因になると思っている人は、あまりいないです。

 

しかし残念ながら、アルコールが私たちの体に疲れをもたらしてしまいます。

アルコールを消費するために、肝臓に大変負担がかかります。

そのため、余計にエネルギーを消費してしまいます。

その結果、体全体が疲れてしまいます。

 

また、お酒は飲んでから数時間後に脳覚醒させる作用があります。

お酒を飲むと眠くなるので、深い眠りにつけると思っている人も多いです。

晩酌で寝る前に飲んで、1時的に眠くなるのですが、数時間経つと実は脳は覚醒してしまっているのです。

脳が覚醒してしまうと、睡眠の質が悪くなります。

そのため、疲労が溜まっていく原因になります。

 

 

実は疲労原因物質

このように、一見体に良さそうなものでも、実は疲労の原因になってしまうものというのはたくさんあります。

お酒だけではありません。

 

代表の物をあげると、コーヒーがあげられます。

 

コーヒーは意外かもしれません。

コーヒーを飲むと頭がスッキリするので、疲労が取れていると勘違いしてしまうからです。

でも、実際にはそうではありません。

コーヒーには体から出されるセロトニンという、ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

 

セロトニンは人を元気な気分にさせるホルモンです。

なのでコーヒーを飲むとセロトニンの分泌が減少し、元気な気分でなくなってしまいます。

 

その結果、元気ではない疲れた状態になってしまうのです。

 

 

まとめ

毎日疲れていると感じている人でも、実は栄養が不足していたり、体が凝っているわけではないのです。

疲労の原因になる食品を飲み食いしているということが原因である、という視点を持っていた方が良いです。

 

誰もがオススメしている疲労回復方法なのに全然疲労回復できない超簡単な理由

様々な疲労回復方法に関する情報があふれている現代社会。

なのに日本人の半数以上の人は慢性的な疲労を感じているという現実があります。

この矛盾の理由は超簡単です。

 

あなたが実践した疲労回復方法が、あなたの疲労の本当の原因を取り除くことにつながっていないからです。

 

 

具体的例

あなたの疲労の原因が「栄養不足」であったとします。

栄養といっても様々なものがあります。

よく耳にする栄養といえば、

  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • 鉄分

などがあります。

こういった栄養素が不足していることが原因で疲労を感じている。

 

なのに、その原因がわからない人は、3000円のもみほぐしマッサージ屋に行ってしまいます。

 

マッサージ屋で何時間揉みほぐしてもらっても、ビタミンB 、ビタミンC 、鉄分などが補充されるわけないですよね。

 

 

 

だから日本人は疲れている

文章で書くと滑稽に見えます。

ですが、こういうことをしている人が実はかなり多いです。

だから5000万人の日本人が疲れを感じて、疲労回復というキーワードでググり続けているのです。

 

他にも、疲労の原因が「暴飲暴食」で胃腸に負担がかかっていることなのに、胃腸の調子が悪いから胃薬を飲んで、「暴飲暴食」を続けてしまう。

こんなことも往々にして起こっています。

これだったら、まず最初は食べる量と飲む量を減らすべきですよね。

薬は体が慣れてしまうと徐々に効かなくなってくるものです。

いずれ胃腸を壊して、当初よりもさらに疲労を感じるようになってしまうかもしれません。

 

 

 

原因がわかったら、それに合った対策をとる

これは当たり前のことです。

多分ですけど、仕事であったら大した努力をすることもなく、自然と出来るようなことです。

でも何故か人間は(大人は)、仕事以外のことになると、途端に当たり前のことができなくなります。

仕事では打ち合わせの時間の5分前に会議室に入るのに、デートになると余裕で30分遅刻してしまう人は多いです。

 

極端ではなく、これと一緒の事が疲労回復方法の分野でも起きています。

 

 

 

疲労の原因を追求するのが重要

ここまでしつこく言ってきたので、疲労の原因を追究し、その原因にあった広岡いく方法を取ることの重要性がわかっていただけたと思います。

これを知っただけでも、かなり大きな進歩です。

 

5000万人以上の日本人が慢性疲労を抱えているということは、5000万人の日本人はこの事実を知らないということです。

 

私もそうでしたが、多くの人はマッサージや運動サプリメントなど、どんな方法でも自分の疲労が回復するものと信じて疑いません。

でも、これは間違いであるということを、あなたはもうわかっています。

 

この違いは相当大きいです。

 

疲労が発生する原因に着目して、それを潰していくために、疲労回復方法を実践するのが正しい順番です。

疲労対策してるのに一向に疲労が取れない人の根本的な間違いとは

1週間も終盤の木曜日。

「もう体力の限界・・・今日は早めに寝よう!」

と決めて、22時頃ベッドに入ってみる。

9時間睡眠で、7時ごろ朝起きると、

全然スッキリしない!!!(泣)

 

 

何で9時間も寝たのに疲労が取れないのか

  • 寝具の質が悪くて睡眠の質が悪いんじゃないか?
  • 実は無呼吸症候群なんじゃないか?
  • サプリメントとかを取らないと疲労回復しないんじゃないか?

いろいろな疑問が浮かんできてしまうかもしれません。

「昔はこんなんじゃなかったのになぁ・・・」

と、昔の体力が有り余っていた頃のことを思い出してみます。

 

子供の頃はみんな元気だった

あなたがまだ小さかった頃のこと思い出してください。

具体的には、小学生から中学生になるくらいまでの頃のことです。

あの頃は、一晩寝れば朝になったら元気いっぱいで疲れが取れていたと思います。

夏休みなんかは朝、学校のプールに行き、昼間は公園で遊び夕飯を食べた後夜はテレビゲームをやってちょっと夜更かしして眠る。

朝になったらまた元気いっぱいで朝からプールに向かう。

そういった生活をしていたのではないでしょうか。

一日中遊びまわっても一日中走り回っても、たった1回寝ることだけで疲れが全部取れていたと思います。

 

小学校の頃の会話で、

「あー最近疲れてるなあ~」

何てことを言っちゃってる友達は、おそらく1人もいなかったと思います。

 

 

 

大人になったら疲れてる人だらけ

しかし、大人になった今は・・・

どこもかしこも疲れている人達だけです。

一日中遊びまわることもなく、当然ながら一日中走り回ることなんてあるわけありません。

たいして運動しているわけでもなく、多くの人は一日中机の前に座ってカタカタパソコンを打って仕事をしているだけ。

立ち仕事の人でも、夏休みの子供の頃より体動かしていることはないと思います。

仕事が終わって家に帰ってからも、特別体動かしているわけでもないはずです。

それでも、1日の終わりには、

「もう眠すぎ・・・」

起きていることも困難なくらい疲れきって、お風呂に入るのもためらうくらい疲れていることも多いと思います。

重い腰を上げてようやくお風呂に入って泥のように眠る。

それなのに、

朝起きたらすでに疲労感でいっぱいの1日がスタートしている

子供の頃よりも圧倒的に動いていないのに子供の頃の何倍も疲れてしまっている

これが今の日本人の半数以上に当てはまっている現実です。

 

 

 

疲労回復方法はめちゃくちゃたくさんある

疲れた人が溢れかえってる日本。

本当にたくさんの疲労回復方法が存在します。

本屋さんに行けば、書棚を一段を全部埋めるほどの疲労回復に関する本が並んでいます。

テレビを見ても、疲労回復術に関する情報番組が、毎日のように放送されています。

ネットで検索しても、何十万という疲労回復に関する記事が検索されます。

  • マッサージ
  • 食事
  • サプリメント
  • 有酸素運動
  • 筋トレ
  • 入浴
  • 睡眠

挙げればきりがないくらいです。

普段の生活で行っているほとんど全てのことが、実は疲労回復に関係していると思えてくるほどです。

なのに・・・

ほとんどの日本人が疲れている。

この矛盾の原因は一体なんなんでしょうか?

 

 

試しにマッサージに行ってみると?

疲れが取れなくて悩んでいるあなた。

この中から試しにマッサージをやってみようと思い、早めに仕事が終わった後や休みの日に最近流行の揉みほぐしマッサージ屋に行ったとします。

1回3000円以下のお手頃な価格でマッサージしてもらえるのは魅力です。

いざやってみると、

「3000円の割には確かに結構気持ちいいな〜」

体が軽くなったような感覚も確かにあります。

結構疲れが取れたなと感じ、

「よしっ月曜日からの仕事ははかどりそうだ!」

とモチベーションが上がることもあるでしょう。

しかし、月曜日の朝になるとどうでしょうか?

「あれ?やっぱりなんか疲れてる・・・やる気も出ないぞ・・・」

となってしまい、結局いつもの疲れた感じで月曜日が始まっていきます。

 

 

試しにサプリメントを摂ってみる

3000円払ったのに、疲れがとれないんじゃ、マッサージはコスパが悪い!

と思い、今度は疲労回復に効くサプリメントを摂ってみようと考えます。

サプリメントであれば、1ケース1000円以下で買えますし、それが2週間から1ヶ月ぐらい飲み続けられる。

ということでコスパの面では優秀だと思います。

ネットで調べた結果、ビタミンB やビタミンC 、鉄分などのサプリメント良いと書かれていたのでとりあえず1週間続けてみます。

1週間後、

「なんか疲れがとれてるんだが取れてないんだか、よくわからないな〜」

と感じてしまい、自分が選んだサプリメントが悪い!

と決め付ける。

そして他のサプリメントに手を出してしまう。

といったこともよくある話だと思います。

 

 

 

色々やってるのに一向に疲れが取れない人ばかり

色々な疲労回復方法を試して挑戦しているのに、一向に疲労が取れないという悩みを抱えている人が数多くいます。

マッサージやサプリメントが疲労回復に聞かないと言っているわけではありません。

本屋さんやテレビなどで紹介されているのに、何で疲労が取れないのでしょうか?

決してデタラメではなく、方法は間違っているわけでもないのに、なぜか疲労が回復しない。

いろいろ考えすぎて、ドツボにはまる人は多いです。

 

結論を言うと、

マッサージも運動もサプリメントも、疲労回復に役立つ方法ですが、それが自分の疲労の原因を取り除いているかは全く別の話である、ということです。

ここに、多くの人がハマってしまう落とし穴があります。

 

 

 

疲労の真の原因を潰さないと疲労は消えない

疲労の原因を直接潰すための疲労回復方法を実践しない限り、あなたの疲労が消えることはありません。

疲れて悩んでいる人は、疲労を取り除く前に、

その疲労がどこから発生しているのかを、徹底的に追求していくことが重要です。

その原因がわかりさえすれば、取り除くことは結構簡単です。

 

これだけ多くの疲労回復方法についての情報があるにもかかわらず、疲れている人ばかり。

その理由は、多くの人が疲労の「真の原因」を追求しないまま、目先の疲労を取り除くことに注力してしまっているからです。

本当に疲労を取り除いて、充実した生活を送りたいのであれば、まずはその疲労の原因を追究していくことが先になります。

5000万人の疲れきっている日本人が知らない疲れに関する事実とは?

多くの日本人が疲れています。

少し古いデータになりますが、平成11年に厚生労働省が実施した調査によると、日頃から疲労感を感じている日本人は5000万人いるといわれています。

しかも、その内の半分以上にあたる3000万人の人が、半年以上に続く慢性的な疲労に悩んでいます。

この結果は驚くべきことです。

続きを読む

疲労回復する栄養ドリンクの成分とメリット・デメリット等々

 

疲労回復のために、市販の栄養ドリンクを飲んでいる人は多いです。栄養ドリンクは、効率的に我々の疲労回復をしてくれるとても便利なアイテムとして知られています。

そんな栄養ドリンクですが、疲労回復にどのような効果があるのでしょうか。

メリットとデメリットなど、その効果について調査しました。

続きを読む

体が疲れやすいと感じる人の90%に共通する原因とは?

「最近体が疲れやすい」

と感じていませんか?

 

昔のように(子供の頃のように)

どんだけ遊んで走り回っても

一晩寝れば疲れが吹っ飛んでいる

 

こんな体、憧れますよね。

 

  • 少し動いただけで疲れてしまう
  • 過度な運動をしたわけでもないのに疲れてしまう
  • 日常生活を普通に送っているだけなのに疲れてしまう

 

現実はこんな状態だと思います。

 

でも、今からでも遅くないんです。

疲労の真の原因を知って、適切に行動すれば、今からでも昔のような元気な体を取り戻すことができます。

 

実は、体が疲れやすいと感じる人の90%に共通する原因があります。

 

多くの疲労に悩む人の共通事項をしっかり潰しておけば、あなたの疲労は劇的に改善していきます。

ちょっと無理をしても、一晩寝れば元気

昔のような疲れにくい体があれば、人生は”確実に”好転していきます。

 

疲れやすいの「疲れ」の原因とは

そもそも「疲れ」の原因って何なんでしょうか。

 

その1つに、

老廃物が体に溜まってしまう

という原因があります。

 

老廃物が体に溜まる原因は、

血流の流れが悪い

ということがあります。

 

子供が一晩寝るだけで全回復するのは、体育の授業があったり、外でも家の中でも走り回っているから。

血流の流れがすこぶる良いので、老廃物が全然体に溜まらないんです。

 

 

血流の流れを良くすれば、老廃物が溜まらなくて疲れにくくなる

ということです。

 

 

疲れやすくなった人の90%に共通する原因

「最近疲れやすくなった」

という人を対象に行ったアンケートがあります。

 

このアンケートの結果で90%の人に共通した特徴があります。

 

それは、

1年以内に3kg以上太った

 

3kgぐらい簡単に増えそうですが・・・。

この体重の増加と、「血流」に深い関係があるのです。

 

 

体重が3kg増えて体が疲れやすくなった人

3kg体重が増えて疲れやすくなった人の原因は、

「体脂肪の増加による血流の悪化」

です。

 

筋トレで筋肉量が増加して体重が増えた場合は問題ありません。

前よりも疲れにくい体を手に入れているはずです。

 

それ以外のほとんどの人が当てはまりますが、食事の摂り過ぎや不規則な生活習慣で、体脂肪だけが増加してしまった場合。

これがやばいんです。

かなり疲れやすい体になっています。

 

 

運動不足と中性脂肪で血液ドロドロ

体脂肪が増えたということは、

  • 運動不足
  • 食べ過ぎ

がパターンです。

 

まず、運動不足だと、体の毛細血管が細くなってしまい、徐々に体の血流が悪化していきます。

そうすると、体中に老廃物が残ったままになりますよね。

 

さらに、運動不足だと、有酸素運動時に体から生じる

「成長ホルモン」

の分泌が弱まります。

成長ホルモンは体中の毛細血管を伝わって、体全体を活性してくれます。

 

運動不足だと、老廃物は溜まるし、成長ホルモンの活性効果は弱まるし、ダブルパンチ状態。

 

トドメは、食べ過ぎによる中性脂肪の増加。

これにより、血液はドロドロになり、運動不足で血流悪化しているのに、更に激悪状態に。

 

老廃物、溜まりまくってそうです・・・。

 

 

 

体脂肪を減らすには有酸素運動だが・・・

体脂肪を減らすには、有酸素運動が有効であることは誰でも知ってます。

 

でも、

「そう簡単に歩いたり走ったりできないよ!!!」

と声を大にして言いたい!

 

確かに、有酸素運動した方が、毛細血管は広がるし、成長ホルモンは出るしでいいコトばかりなんですけどね。

呼吸が深くなって酸素を多く吸って、血流の酸素不足を補ったり。

心拍数も上がって、心臓のポンプ強化で、一気に老廃物を肝臓まで運んでくれますし。

(肝臓は体の解毒工場です)

体を落ち着かせるために、副交感神経が活発になって、疲労原因物質が生まれにくくなったり。

 

でも、

頭ではわかってるんですけどね。

家帰ってから走ったりするの、クソめんどくさい。

たらふく食って寝たい。

 

 

 

 

どうせ食べるなら疲労回復効果のある食事を

ということで、周知の事実ですが、

  • 食事制限
  • 運動
  • 体脂肪減

という「適切な行動」をして、疲れにくい体をゲットできる人はごくわずかです。

 

特に、食事制限が無理な人が多いですよね。

であれば、

 

血流は諦める!

 

そして、どうせ食べるなら、

「疲労回復効果のある食事」

を食べる。

 

体から発生するエネルギーを増やすことで、疲労に対抗するのはどうでしょうか?

 

毎日の食生活に、疲労回復効果のある食事を意識的に取り入れることで、疲れにくい体を作ることもできます。

 

ビタミンBを意識的に摂取

ビタミンBは、食事などにより摂取した栄養素を、エネルギーに変換する際に必要となります。

非常に大事な役割を持ってます。

適切な栄養素を摂取したのに、ビタミンBが不足していると、エネルギーに変換されない。

ビタミンBが不足していると、明らかに疲れやすくなります。

 

 

ビタミンBを豊富に含む食べものは、

 

  • 玄米
  • 豚肉
  • 納豆
  • バナナ
  • ナッツ
  • 大豆
  • ブルーベリー

 

などです。

 

運動が無理であれば、これらの食材を意識的に摂取する。

エネルギー不足を防ぎ、疲れにくい体を手に入れましょう。

 

 

それすらもできない私ですが

食べ過ぎと運動不足で脂肪だらけの悲しい体。

しかも、料理は全くできないので、100%外食の毎日。

上で紹介した食材なんて、意識して食べないです。

 

これじゃ、さぞ疲れているのでは?

と思われたかもしれません。

 

 

実は疲れがたまらない

実は私は今、全然疲れが溜まらないんです。

毎日、午前3時に寝て、7時過ぎに起きる4時間睡眠生活をしていても、すこぶる元気。

 

確かに数年前までは、毎日7時間以上寝ないと、夕方には活動停止状態でした。

 

ですが・・・

全てのめんどくさいことをショートカットして、ビタミンBの摂取だけに集中したら、今の疲れにくい体を手に入れることができたのです。

 

当時も、どうにかして疲れを取りたいと思っていました。

どうやらブルーベリーがビタミンBが多くて良いというウワサを聞いたので、一時期ブルーベリーばっかり食べてました。

ついでに眼にもいいらしいし。

 

なんですが、あろうことか、

「ブルーベリー買いに行くの、めんどくさい!」

という思考になってしまったのです・・・。

(我ながらヒドい)

 

こうなってしまったので、次は、

「ブルーベリーサプリだ!」

ということで色々と研究したのですが、ここで運命の出会いがありまして。

 

それは、

 

【鮑の光プレミアム】

 

いきなり元気印のメジャーリーガーが登場してビックリしますが、ブルーベリーから何故かアワビにたどり着いたのです(笑)

 

でも、このうさんくさいサプリのおかげで、私は全てをショートカットして、疲れにくい体を手にしていました。

 

うさんくさいんですけど、

「これはイケるかも・・・」

と思った理由が3つあります。

 

1.私の疲労はパソコン(眼)からもきている

眼の疲れでお悩みの方に、全力アピールしているこのサプリ。

私は毎日14時間ぐらいパソコンに向き合っているので、血流の問題ももちろんですが、眼からくる疲労というのも結構ヒドいと思っていました。

ですので、眼の疲れを癒やしてくれるのは、私には効果抜群なんじゃないかと思ったのです。

実際、ブルーベリーの24倍のビタミンB12が含まれているそうで。

 

2.アワビは肝臓を元気にするらしい

肝臓が人の体の解毒工場であることは知っていました。

なので、このサプリで肝臓が強化できるのであれば、自然と老廃物の解毒ができるようになる。

すなわち、老廃物が溜まらなくなって疲れにくい体になるんじゃないかと思ったのです。

 

3.夢を追いかける元気男が推薦

個人的にこの選手が好きということもありますが、野球選手だけではなく、アスリートの体調管理は凄まじいものがありますよね。

ダルビッシュ投手なんて、

sapli001

 

夕食後だけでこれですよ(笑)

 

そんな過酷な世界で生き抜いている人が、アメリカ行ってから飲み続けているというのが、私には信頼に値したんですね。

 

 

そんなこんなで、【鮑の光プレミアム】と出会った私は、それまでの疲労がウソのように、

子供の頃のように(ドラクエの宿屋のように)一晩寝たら全快

という、信じられない体に生まれ変わりました。

 

ただ、1ヶ月分で3,980円と結構高めなので、

  • 超の付くほどのめんどくさがり
  • すぐにでもサプリに頼りたい
  • 明日死ぬかもしれないほど疲れている

といった状況でなければ、その辺の500円くらいのサプリで始めてみても良いかもしれません。

 

(この元気を1日130円ちょいで買えると思ったら、正直くっそ安いです)